Amazon LightsailをCDKで使ってみる

Tech

LightsailがCloudFormationでサポートされ、CDKでも使えるようになったので試してみたことを色々と。

実践

使いたい言語していしてinit→bootstrapをしておく。

$ cdk init app --language typescript
$ cdk bootstrap

CDK v2では、 aws-cdk-lib 配下に aws-lightsailがいるので、別途パッケージのインストールが不要です。

また、L1ライブラリでのサポートのみになります(v2.2.0)のでCfnのパラメータを愚直に設定するのみになります。

import {Stack, StackProps} from 'aws-cdk-lib';
import {Construct} from 'constructs';
import {aws_lightsail as lightsail} from "aws-cdk-lib";

export class WordPressCdkLightsailAlbStack extends Stack {
  constructor(scope: Construct, id: string, props?: StackProps) {
    super(scope, id, props);
    const instance = new lightsail.CfnInstance(this, 'WordPressLightsailInstance', {
      blueprintId: 'wordpress',
      bundleId: 'nano_2_0',
      instanceName: 'wordpress-lightsail',
      availabilityZone: 'ap-northeast-1a',
    });
    new CfnOutput(this, 'WordPressLightsailInstanceOutPut', {
      value: instance.attrPublicIpAddress,
      exportName: 'WordPressPublicIpAddress',
    });
  }
}

あとはデプロイのみで終わりです。

$ cdk deploy
Outputs:
WordpressCdkLightsailAlbStack.WordPressLightsailInstanceOutPut = xxxxxxxx

出力されたPublicIPにアクセスすると、WordPressの画面に遷移します。

まとめ

インスタンスのみであれば、わざわざCDKで管理する必要もないのかなという肌感でした。Lightsailだし。
手前にLBを立ててACMの証明書を使うのは次回試してみたいです。

タイトルとURLをコピーしました